広島で墓石やデザインにもこだわったお墓を選びましょう

お墓

お墓を選ぶポイントと広島産の墓石の特徴

墓参り

ご先祖や、ご自身が将来的に入る事を考え、お墓選びは慎重に進める事が大切ですが、日本のお墓に使われる墓石は数百種類にも上ると言われており、墓石を選ぶ際に多くの方はどの墓石を選べばいいのかを悩みます。そこでお墓は墓石選びのポイントに付いて調べてみましょう。一度建てたお墓を末永く守る為には次の点に注意する事が大切です。
先ずは使用する墓石の産地です。日本国内の墓石の多くは、御影石と呼ばれる種類の石が使用されておりますが、日本全国で産出される御影石以外に、外国産の御影石も多く流通しており、現在は日本国内産又は外国産へのこだわりを余り持つ必要は有りません。次に墓石で気になるのは墓石の色です。一般的な墓石は、黒や灰色等の色が一般的でしたが、現在はピンクや緑掛かった色合いの墓石も有り、お墓に入る故人のイメージに合う色合いを選ぶ事が大切です。次に墓石の産地は日本全国に広がっており、御影石の産地で有れば地元で産出される御影石を使用した墓石を使う事が出来ます。広島県の倉橋島で採れる墓石の材料は黒雲母花崗岩で、その特徴はほんのりと桜色をしている事に有り、別名「議員石」とも呼ばれております。この広島県倉橋島で採れる石の名前の由来は、この石が国会議事堂や議員会館等で多く使用されている為であると言われており、広島の墓石を全国的に有名にしてくれております。